エピジェネティック療法研究会

エピジェネティック療法研究会

エピジェネティックなアプローチによる安全かつ効果的な治療法の確立を目指して
エピジェネティック療法研究会 第12回講演会
イベントお申し込み
エピジェネティック療法研究会 第12回講演会
日時:
2020年2月22日(土) 17:00-21:00
(受付16:30~/19:30~懇親会を予定しております。)
会場:
イタリア文化会館ビル 3階コーチホール
東京都千代田区九段南2-1-30(→ 地図
参加費:
一般 10,000円 会員 8,000円
学生 2,000円
※ご入会は医師の資格をお持ちの方に限らせていただきます。
基調講演1:
「NRF2依存性がんの悪性化における
エピゲノム制御」

本橋 ほづみ
(東北大学加齢医学研究所 加齢制御研究部門 遺伝子発現制御分野 教授)
座長:安藤 潔
(東海大学医学部 血液・腫瘍内科 教授)
基調講演2:
「膵発癌モデルからみた膵癌の制御
-癌微小環境の制御を通して-」

伊地知 秀明
(東京大学医学部付属病院 病態栄養治療部 講師)
座長:山下 継史
(北里大学医学部 新世紀医療開発センター 先進外科腫瘍学 教授)
主催:
エピジェネティック療法研究会
お問い合わせ:
エピジェネティック療法研究会 事務局
〒102-0075
東京都千代田区三番町6-3
三番町KB-6 1階
tel: 03-3237-0075 fax: 03-3237-0039
e-mail: info@epigenetic-therapy.org

北里大学外科学教室と当研究会との共同研究

  • 大腸癌における包括的遺伝子探索により同定された抗癌剤抵抗性分子機序 Ascl2-LEF1/TSPAN8経路の重要性

    背景) 大腸癌において抗癌剤治療を制約する治療抵抗性は十分に明らかにされていない。われわれは、遺伝子発現探索により大腸癌の治療抵抗性予測バイオマーカー同定を試みた。
    方法) 6種類の大腸癌株化細胞に phenylbutyrate (PB; HDAC inhibitor)を添加し、抵抗性細胞と感受性細胞を同定した。遺伝子発現と治療抵抗性の関連を microarrays (54,675遺伝子)を用いて解析し候補関連遺伝子を絞った。候補遺伝子の機能的検証を株化細胞に対する遺伝子導入実験で行い、臨床検体における治療抵抗性の予測の可能性につき検証した。
    結果) DLD1, HCT15細胞は PB抵抗性株であり、HCT116細胞は PB感受性株であった。Microarrayにおいて PB抵抗性に強く関連する遺伝子は ASCL2, LEF1, TSPAN8であった。これらの遺伝子を発現するプラスミドベクターを得て、PB感受性株 HCT116細胞に遺伝子導入を行うといずれの遺伝子もPB抵抗性が増強された。ASCL2遺伝子は LEF1, TSPAN8遺伝子を誘導したが、逆の現象はみられなかった。一方で、PB抵抗性株 DLD1, HCT15細胞において Ascl2遺伝子ノックダウンを行うと、LEF1, TSPAN8の発現が低下し、PBに加えて 5-FU, radiationに対する治療抵抗性も減弱した。また、直腸癌のNAC前生検検体を用いて ASCL2遺伝子発現を免疫染色で行ったところ、遺伝子強発現とhistological gradeに強い相関を認めた。
    結論) 以上から、ASCL2遺伝子は大腸癌における抗癌剤治療抵抗性に極めて強い関連する原因遺伝子であることが判明した。今後は、ASCL2遺伝子発現の低い患者に対する PB投与の有用性などについて検討していきたい。
    > 詳細はこちら(PDF)
  • 『HDAC阻害剤であるフェニル酪酸による乳がん治療抵抗性に
    ZEB1遺伝子によるエピジェネティックな制御が関連している』

    Phenylbutyrate (PB) は抗腫瘍効果を示す HDAC 抑制剤である。本研究においてわれわれは7種類の乳癌細胞株を用いてPB感受性を予測しうる候補遺伝子同定を試みた。マイクロアレイを用いた包括的遺伝子発現解析プロファイルが比較され、同定された遺伝子については遺伝子導入実験が行われた。CRL およびMDAMB453 乳癌株化細胞はPB感受性であり、MDAMB231 乳癌細胞株がPB抵抗性株であった。RAB25 およびESRP1 はPB 感受性規定分子であったが、一方 ANKD1, ETS1, PTRF, IFI16 およびKIAA1199はPB 抵抗性分子候補であった。これらの遺伝子の発現はDNA脱メチル化処理で劇的に変化した。RAB25 発現は IFI16およびPTRFを抑制し、ESRP1 発現はANKRD1, ETS1, および KIAA1199を抑制した。RAB25と ESRP1はZEB1により抑制され、それはepigenetic な制御を受けていた。したがって、PB 感受性は ZEB1の epigenetic 制御の下流でコントロールされることが判明した。以上よりZEB1遺伝子の epigenetic な制御は乳癌治療における治療抵抗性を予測する極めて重要なバイオマーカーとして注目すべき遺伝子であると考えられた。
    > 詳細はこちら(PDF)

新着情報 what's new

2019年10月23日
第12回講演会 申込みを開始致しました。
2019年05月28日
第11回講演会のイベント報告ページを公開しました。
2018年10月31日
第11回講演会 申込みを開始致しました。
2018年04月16日
第10回講演会のイベント報告ページを公開しました。
2017年06月02日
第10回講演会 申込みを開始致しました。
2016年12月19日
第9回講演会 申込みを開始致しました。
2015年04月24日
北里大学外科学教室と当研究会との共同研究でフェニル酪酸に関する研究の結果を報告し「Oncotarget」に掲載されました。(PDF)
2015年04月24日
第7回講演会のイベント報告ページを公開しました。
2015年04月08日
第8回講演会 申込みを開始致しました。
2014年10月31日
第7回講演会 申込みを開始致しました。
2014年05月16日
第6回講演会のイベント報告ページを公開しました。
2014年02月22日
エピジェネティック療法研究会第6回講演会を開催しました。
2013年11月14日
第6回講演会 申込みを開始致しました。
2013年04月05日
第5回講演会のイベント報告ページを公開しました。
2013年02月15日
エピジェネティック療法研究会第5回講演会を開催しました。
2012年11月29日
第5回講演会 申込みを開始致しました。
2012年07月11日
第4回講演会のイベント報告ページを公開しました。
2012年06月15日
エピジェネティック療法研究会第4回講演会を開催しました。
2012年04月19日
第4回講演会 申込みを開始致しました。
2011年12月20日
第3回講演会のイベント報告ページを公開しました。
2011年11月14日
医師のための専門情報サイト「MTPro」に、エピジェネティック療法研究会第3回講演会の取材記事が掲載されています。
2011年11月03日
エピジェネティック療法研究会第3回講演会を開催しました。
2011年09月07日
第3回講演会 申込みを開始致しました。
2011年07月11日
第2回講演会のイベント報告ページを公開しました。
2011年06月09日
エピジェネティック療法研究会第2回講演会を開催しました。
2011年05月07日
エピジェネティック療法研究会ウェブサイトがオープンしました。
2010年11月23日
エピジェネティック療法研究会を正式に発足し、設立記念講演会を開催しました。
このページの先頭へ戻る

トップページ | お問い合わせ | プライバシーポリシー